50歳主婦の消費者金融体験日記

「ノンバンク」と称される消費者金融。つまり、銀行ではありませんよ、ということです。
銀行と消費者金融、どちらもお金を貸してくれる所ではありますが、いろいろと違いがあるのです。銀行の融資はほいほいと受けられるものではありません。
これは住宅ローンなどを組んだことがある人なら知っていますよね。
銀行の融資は安定した収入があることが第一で、とにかく審査が厳しいのです。
その代わり、借入限度額は高く、融資利率は低いのが特徴。
信頼のできる人に、お得な条件でお金を貸すのが銀行です。消費者金融は、審査はそれほど厳しいものではなく、スピーディーなのがポイント。
銀行ではあり得ない即日融資ですが、消費者金融なら珍しくはありません。
それと引き換えに借入限度額は低く、融資利率は高く。
多くの人にお金を貸して、利率で利益を上げるのが消費者金融なのです。上に挙げただけでも銀行と消費者金融は一長一短なのがわかりますよね。
借りたい額、お金の使い道などに合わせて使い分けるのが賢い利用法です。
必要なお金が小額で、すぐに返せる見込みがあるのなら消費者金融、
お金がたくさん必要だけど少しずつ確実に返していけるというのなら銀行を選びましょう。

すっかり私たちの生活になじんでいる消費者金融。
いまや消費者金融のテレビコマーシャルを見かけない日はないですよね。
“サラ金”と呼ばれていた頃とは違い、怖いイメージも減ってきています。

 

それでも、初めて消費者金融を利用する時には少なからず後ろ暗い思いを感じるもの。
しかし、それでいいのではないでしょうか。

 

消費者金融をあまりにもライトに考えすぎて、
消費者金融のお金が自分の物だという錯覚に陥ってしまう人も少なくはありません。
そして結局、首が回らなくなって、あっちから借り、こっちから借りの自転車操業……。
そんなことになるくらいなら、初めから用心するくらいが丁度いいのです。

 

どんなお題目があっても、消費者金融を利用することは借金を作ること。
ATMから出てくるお金は、あなたのお金ではありません。
借金って、イヤなものですよね。できればお友達や恋人、家族には知られたくないはずです。
知られたくないとなると、がんばって早く返してしまおうという意識が働きます。
この気持ちを大切にしてください。

 

少し脅かしてしまいましたが、消費者金融は賢く使えば、あなたの大きな助けとなる存在です。
ここでしっかり勉強して、楽しい消費者金融ライフを送りましょう!

誰でも一枚は持っているクレジットカードでも、お金を借りることができますよね。
では、クレジットカードを発行している信販会社と消費者金融の違いはどこにあるのでしょう?

 

大きな違いは、提供する商品。
信販会社が私たちに商品として“売る”のは、クレジットカードそのものです。
ツケでお買い物ができてお金も貸しますよ、という権利の象徴がクレジットカード。
信販会社はその権利代としてカードの入会費や年会費を取り、それを利益としています。

 

一方、消費者金融が私たちに提供する商品は、お金そのもの。
消費者金融は信販会社とは違い、純粋に利息で儲けているのです。

 

両者が扱っている商品の違いにより、目に見えて違ってくるものがあります。
それは、融資利率。
一般的には消費者金融よりも信販会社の方が低く設定されています。
その分、消費者金融に比べると信販会社の方が審査は厳しいものとなっています。
審査のスピードは若干消費者金融が有利ですが、信販会社でも年々それは早くなっている傾向にあります。

 

また、すでにクレジットカードを持っていればすぐにでもお金を借りられるのは信販会社の大きなメリット。
消費者金融を利用する前に、クレジットカードの残高を確認してみては?

 

↓↓で人気のサイト↓↓
http://xn--t8j4aa4ntgxd3fz86wkvtgj7bdld0q7eequmsqb5r.com/